読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもライトボウガン【MHX】【MHXX】

スマートガンナーを目指すブログ

day5:心が叫びたがってるんだ。【MHX】

MHX

お疲れ様です。ウルリックです。
今回は狩友についてお話をしようかなと思います。



皆様、狩友はいますか?

 

仲良くしていきたいハンター様はいます。
しかしながら、1つの疑問にぶつかりました。

 

 


どこから狩友?



狩友という存在自体が、確認し合う関係性ではないのかもしれません。
同じ時間を共有し、積み重ねた思い出が絆を形成していくのかもしれません。


なにより
オレたち(わたしたち)、ズッ友だぜ(よ)」という、関係性を口約束で縛る行為は非常に苦手です。「言う」のも「言われる」のもです。


f:id:ulrik:20161027110932j:image

 

 



いやいや、そういのは感覚、フィーリングってやつ?」という、シックスセンスの少年しかり、何か見えちゃうような能力を持つハンター様もどこか腑に落ちません。

f:id:ulrik:20161027112203j:image



そんな細かいことを気にする奴はソロ推奨、1人で村クエも集会所クエも回せということなります。


1人でいる~のが、1番楽だった~♪
誰かと一緒にいると、僕は僕じゃない~♪


うんうん、共感。
しかしながら、モンハンはマルチが楽しいということに間違いはないと思います。


MHX販売当初は、ハンターで溢れていました。声をかければ、わんさかクエ同行者が集まります。

うむ、懐かしい。
あれから1年が過ぎ、現在はさすがに過疎感は否めない状態です。
修羅の国MHFのように、バージョンアップできないソフトの宿命です。


今ハンター生活を続けているハンター様は、皆それぞれ、色々な経験をしてきたと思います。
通常ゆうた亜種ゆうた、はたまた希少種ゆうたとの遭遇。グルチャ内の人間関係野良エンカウントする超効率主義ハンター様のストイックな生き様。チャットオフハンター様に囲まれた沈黙の集会所

もはや
酸いも甘いも知り尽くしたかぶき町のママです。
もちろんウルリックも。
もうこんな感じです。ゴリゴリです

  

f:id:ulrik:20161027110949j:image ※餌を与えないでください。

 

 

 


だから新しい出会いに対し、臆病になってしまうのかもしれません。
カテゴライズすることで、「やはりこういう人だった。わかっていたからダメージは相当」とATフィールドの後ろでつぶやくのです。


f:id:ulrik:20161027112439j:image








しかーし!
ウルリックは“狩友10人”達成を目指しているため、何かしないといけないわけです。

まず試したのが掲示板での狩友募集
グルチャを作り、猟団を作って活動を始めれば狩友もできるはず。
最終的に3名のハンター様と出会えました
しかし、ここで大きな過ちを犯していたのです。

リーダーが存在する集団は、リーダー抜きでは成立しないということ。

あの有名な旅団ですら、仲間内でモメるぐらいですからね。そりゃ難しいわけです。


f:id:ulrik:20161027111029j:image


ウルリックも所詮は社畜兼ハンター
常にオンできません。
メンバーのハンター様たちはとても良い人たちだから故に、遠慮して部屋を立てることがないのです。
これはまったく予期できないことでした。
このため、ウルリックがオンできないときは過疎ってしまうのです。
せっかく集まってくれたハンター様たちに申し訳ないです。


そこで
Twitterを使った狩友募集を画策したわけです。
狩友募集と呟けば、色々な方の目に止まるはず。ButTwitterを使ったことがありません。

フォロバ?リプ?DM?

グーグル先生に教えてもらいながら、なんとかアカウントを作成。
こうして、情報を発信するための装備が出来ました。
しかし単純に「狩友募集」と情報発信しても、「だれ?」となるだけです。まずは、ウルリックというハンターのことを知ってもらうことが大切です。


どうしたもんじゃろなぁ・・・


その問題は、ブログ開設という英断で解決。
ここでウルリックの胡散臭い活動や考えを綴っていけば、いつかきっと・・・。さらにランキング参加やTwitter連動と、グーグル先生ほんとありがとう!

 

 

 

 




でもこれで準備は整いました。









そして
現在・・・

MHXへ復帰して狩友を探し始めて、一ヶ月。
どこから狩友?」という疑問にぶつかったわけですが、疑問に対する答えは、少しだけ見つかりました。
受身でいると、何も変わりません。
知り合ったチャンスがあったら、そこから一歩だけでも相手の庭に踏み込んでみる。
拒否される怖さはあります。
でも、それは相手も同じかもしれません。

最近、Twitterで少しずつ絡むようにしています。
そうしていると、昨日も他のハンター様たちと狩りに行くことができました。
2回目の狩りにも声をかけてもらえるという、嬉しい出来事もありました。


そして貼られたクエ。


f:id:ulrik:20161027111059j:image


戦闘民族サイヤ人の血はダテじゃないです。
プッツンしたら、手をつけられません。クリリンに手を出してはいけません


f:id:ulrik:20161027111241j:image


それにしても、振り向きかめはめ波の回復中ハンター命中率は凄まじいです。セル戦で見せた瞬間移動かめはめ波を思い出します。
当時は本気でかめはめ波の練習をしました。
でも、これぐらいじゃないとダメです。
だって相手は超攻撃生物
むしろ、もう少し理不尽でもいいぐらいです。
直面したときの恐怖感、絶望感はこの作品では大切なモノです。

MHP2Gでポポノタンを集めていたら、突然降ってきたティガ
あれは素晴らしい演出でした!

 

 



f:id:ulrik:20161027111159j:image


なんとかクリア。
さすがスーパーサイヤ人2は違います

 



f:id:ulrik:20161027111443j:image
修羅の国には、スーパーサイヤ人3もいるとか。
恐ろしいですね・・・






最後にみんなで記念撮影という、リア充ならぬ狩り充っぽいこともさせていただきました。


f:id:ulrik:20161027111838j:image





 

 

 




そして
ポーズを決めたみんなを見て








 




f:id:ulrik:20161027111859j:image
と、心が叫びたがっていました







to be continued・・・





【今日の一挺】

第3弾:ド【狼】

ド【鳥】最終進化型。使用者が発する怒りの感情に反応して引金は軽くなるという。

▶︎LV2貫通弾が速射だけど、誰得レベル。全LV毒弾と毒煙弾が使用できるので、虫の素材が欲しいときに使えるかも!?

 f:id:ulrik:20161027111954j:image