読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもライトボウガン【MHX】【MHXX】

スマートガンナーを目指すブログ

day28:狩りコン~後編①~【MHX】

お疲れ様です。ウルリックです。

f:id:ulrik:20170228174758j:image



今回は、2/25(土)に実施された『モンスターハン
タークロス 狩りコン』について感じたことを
赤裸々に書いていきます。
下記の注意事項に目を通していただき、ご納得
いただけた方のみ続けてお読みください。
※内容に不満を感じても責任は取りませぬ




<注意事項>
個人的な見解を元に記述しています。
そのため、読者の心情や考えなどに反する場合
があります。
また参加したハンターについても、シビアに描
写している場面もあります。
そういった理由から読み手に不快感を与える可
能性があります。






今回、ウルリックはこのイベントを観察するた
め、狩りも、会話も、サポートに徹しました
そうすることで、いろいろな場面を目にするこ
とができました "φ(・ェ・o)~メモメモ


中立的な観点でまとめております
では、お楽しみください。
















      <<warning>>
  ココカラ先ハ残酷ナ描写ガアリマス
                           _(´ཫ`* _)⌒)_












<参加ハンターの割合>
男ハンター
 地味系    :35%  目立たない
 ヲタ系    :20%  誇りを持っていそう
 普通系    :10%  ユニクロ装備
 30over系   :20%  おじさん全開
 イケイケ系  :7%    ハイテンション
 ホスト系   :5%    覇者
 さわやか系  :2%    学生時代は運動部
 服飾オサレ系 :1%    ぽつーん


女ハンター
 普通系    :30%  OIOI装備
 地味系    :30%  目立たない
 喪女系    :13%  早口
 30over系   :10%  圧がスゴイ
 ギャル系   :8%    姫様枠
 ヲタアイドル系:4%    アイルーダイスキー
 清楚系    :4%    おとなしい
 服飾オサレ系 :1%    後悔してそう

 
複合的ハンターもたくさんいましたが、大別す
ると、上記の割合のように感じました。
普通っぽい人が多かった印象ですが、狩りコン
のためにオサレしてきた可能性もあります。
話してみると、ヲタサイドのハンターが多いと
思いました。ヲタ文化に耐性がない人には、狩
りコンは絶対にオススメしません。

何を話しているのか、さっぱりになります。





<当日の流れ>

15:30~ 受付開始
16:00~ 狩りコンスタート
16:05~ リアルギルドカード交換タイム♪
16:20~ 狩りスタート
17:00~ 席替えタイム①
17:50~ 席替えタイム②
18:40~ マッチングゲーム
19:00~ タイムアタック(希望者のみ)
19:10~ オーダーストップ
19:20~ グッズ抽選会♪
19:30~ 狩りコン終了


この流れに合わせて、ポイントを説明していき
ます。






最初にして最重要ポイント
<受付開始>
イベント会場に到着すると、受付で身分証とチ
ケットの提示を求められます。確認後は、自身
のHRを尋ねられます。
はっきりと覚えていないのですが、

・HR1~HR100
・HR100~HR200
・HR200~

といったように、HRごとに大別されます。
そして、それぞれ色分けされていました。
そのあとに受け取ったギルドカード(名札)には
HR別の丸シールが貼ってあります。
他に名刺サイズのカードの束を配布されます。

f:id:ulrik:20170228175132j:image
f:id:ulrik:20170228175148j:image

そして受付嬢に席を指定され、空いているテー
ブルへと向かいます。
おそらくHRに偏りが発生しないための措置かも
しれません。

f:id:ulrik:20170228175332j:image




「ここで、すべてが決定する」
といっても過言ではありません。



この何気ないやりとりが、この日のハンターの
命運を分けます。
受付開始から席替えタイム①まで、指定された
座席で最大1時間半の拘束を受けます。
そして狩りがスタートすると、じっくりと話す
雰囲気ではなくなります。
※理由については後述します
そのため受付開始から狩りスタートまでが、実
はフリーに会話ができる数少ない機会となりま
す。
この時間は、渡された名刺サイズのカードへ自
身のハンター情報を記入するタイミングとなり
ます。
※このカードをリアルギルドカードと呼ぶそうです
こうした準備作業を進めるなか、「これどうす
ればいいの?」など、非常に声をかけやすいシ
チュエーションとなります。
この絶好の機会にも関わらず、目の前に、まっ
たくタイプではないハンターがいたらどうでし
ょう?

f:id:ulrik:20170228180738j:image

こんな気分になるでしょう。
周囲が楽しく自己紹介などをしている光景を横
目に、黙々とカード記入をするのは、ただの悪
夢です。しかもこのあと、一緒に狩りをしなく
てはいけないのです・・・


狩りコンに参加するハンターにとって、受付嬢
の采配がすべてです。



<狩りコンスタート>
司会の号令と共に、男女の思惑が入り乱れるイ
ベントがスタートします。


コミュ障ハンターを地獄に叩き落とす
<リアルギルドカード交換タイム♪>
♪マークが付いていますが、コミュ障のハンタ
ーには1番ツライ時間かもしれません。これは
事前に記入したリアルギルドカード全10枚を異
性ハンターと交換するイベントです。

運営側、何を血迷ったのでしょうか・・・
食事もしていないハンターを、裸状態で激昂ラ
ージャン2頭の闘技場へ放り込むようなもの

100名のハンターたちが右往左往しながら、な
んとかクリアしようとがんばります。

見ず知らずの異性ハンターに声をかけ、カード
交換をする

何名かのハンターが、カードを渡せずに自席へ
戻る姿を見かけました。

これは、ほんとにドSクエでした


<狩りスタート>
さきほどのイベントで、意気投合できれば、こ
こからの狩りは非常に盛り上がります。
もちろんお通夜のようなテーブルもありますが
ここに運営側からの手助けはありませぬ
そして狩りをしているところへ、料理が運ばれ
てきます。

・・・え、このタイミング??

狩りをしているので、なかなか手をつけること
ができません。運営側も考慮して、野菜スティ
ック等にしてくれたのかもしれませんが、食べ
るのは難しかったです。
そして狩りコンのコン部分となる、合コン要素
ほとんどありません。
普通に狩りをしています。
そのため、相手の顔よりもモンスターを見てい
る時間が長いのではないか思いました


高HRハンターほど濃ゆい
<席替えタイム①>
この席替えには条件がありました。
最初に記述したHRごとの色が関係してきます。

条件
・同色同士で4人PTを組む
・同色ステッカーのあるテーブルに座る

HR200超のウルリックも仲間を探します。
仲間を探すことに関しては、そこまでハードル
は高くありません。
余ってしまった場合、司会者が、なんとかして
くれていました。
しかしそこで気づいたのですが、HR200超のハ
ンターたちは、濃ゆいキャラばかりです。

・・・辺りの様子が変わった?
ゴアが激怒になったときのようです。
しかし周囲を見渡して納得。


ギャル系女子やホスト系男子など、コミュ力と
華やかさを併せ持つハンターは、HR200以下ば
かりでした


「なるほど」と思いました。彼らがいなくなる
ことで、ここまで雰囲気が変わるとは・・・
そしてHR999がワサワサといる環境で、さらに
驚いたことは「顔見知りがそこらにいる」とい
う発言です。どうやらオフ会や過去の狩りコン
で面識があるとのことです。


狩りコン<オフ会
といった雰囲気が加速


自由度の低い
<席替えタイム②>
<席替えタイム①>の間に、スタッフがカード
を配っていきます。このカードには数字と色が
印刷されていました。

条件
 ・カードの数字と色に一致するテーブルへ移
  動せよ

かなり自由度が低いです。というか、運要素が
強すぎだと感じました
カードの配布基準はわかりませんが、バランス
を取るためか、高HRはまとめられているような
気がしました。
つまり、濃ゆいハンターとの狩り続行というわ
けです。
ただひたすら狩りをします。



あぁ、これじゃただのオフ会ではないか・・・


ちなみに
ウルリックは、この三度の席替えを乗り越え、
全て同じ座席という快挙を成し遂げました( ˙-˙ )






後編②は近日アップ予定


to be continued・・・